顎ニキビが出来てしまった時の口コミ

大事な顔に、顎ニキビが出来てしまったときに限って、彼氏や友人と会う予定にしています。顎ニキビはかなり目立つものです。しかも治りが遅く、赤みを帯びていることが多く、とてもやっかいなものです。

私は先日出来てしまったのですが、とりあえず化粧を塗りました。すぐに顎を触ると、どんどん腫れて大きくなるものだからです。

コンシーラーを使って、斜めの角度から塗ったり、垂直に塗ったりして、赤みをとります。そしてファンデーションの濃い色のものをポンポンと上からたたくようにして、最後のほうは何度も重ねます。そうすることで、あまり目立たなくなります。また、赤みも消えるので、少し気にならなくなり、顎を触る心配もなくなります。
彼氏や友人と会うときは、さりげなく顎に手を持っていき、かくして喋るようにします。

一日が終わってからは、化粧を念入りに落とし、少しニキビを押します。小さくなっていればいいのですが、ならない場合はお風呂から出た後も、ファンデーションを上から塗って密封します。

そうすることで、黴菌がこれ以上入って膨らまないようにするのです。そして毎日部分的に厚化粧するうちにニキビの延焼は収まってきます。

食べ過ぎで顎ニキビ!摂生は大事だと今なら声を大にして言える口コミ

10代の頃は、食べ過ぎると顎ニキビができてました。
特に下顎に良くできていた、と思います。
痛みなどはほとんどなく、気付いたらできているという感じでした。

できてしまうと、「あぁ、食べ過ぎたなぁ...」という罪悪感に苛まされました。
身体からの警告にも思えて、結構怖かったです。

その後は反省して食べ過ぎを抑えるように頑張るのですが、やっぱり食べ過ぎて...以下、エンドレスで同じことの繰り返しに...

食べ過ぎもニキビができる原因の一つなのですが、食べるものによっても顎ニキビの出る出ないは分かれます。
当たり前なのですが、油脂分の多いものを食べると、出やすくなります。
焼肉なんか食べた翌日は、バッチリ顎に発芽します。

食べた時間でも変わります。
やはり、夜に食べた方が出ます。
飲み会の後などは、そりゃぁもうてきめんに発芽しまくりです。
できれば、昼に飲み会してほしいけど、さすがに無理ですからねぇ。

今は老けたし、若い頃よりも脂っこい食事をしなくなったしで、顎にニキビなんてできなくなりました。
よっぽど変なものを食べたり、爪で思いっきり引っかいたりしない限りはできません。
あれはある意味、若い頃のありあまるエネルギーだったのでしょう。

ときどき出来る顎ニキビに悩む私の口コミ

普段は、全体的に、それほどニキビが出ることのない私の肌。
乾燥したりして肌荒れをすることはあっても、ニキビで悩んだことはなかったのです…昔は。

ここ何年か、ときどき、顎ニキビが出来るようになってしまいました。
出来るときは、必ず、1個ではなくて複数が、顎の周りに出来てしまいます。
サイズや、数は、そのときによって異なります。
小さくて膿まずに終わることもあれば、大きくて腫れて痛みを持つこともあります。

出来てしまうと、気になって、つい触ってしまいます。
そうすると治りも悪くなってしまうんですよね。
だから最近は、出来てしまったら大きめのマスクをするなどして、触らないように注意しています。

顎ニキビは他のニキビに比べると目立ってしまうので、なるべくなら、できること自体を防ぎたいものです。
そう思っているにも関わらず、季節の変わり目や、疲れた時などは、どうしても出来てしまうのです。

出来てしまったら早めに治したいものです。
丁寧に洗顔をして、ニキビ用の化粧品を使うなどして対策をしています。
なるべくストレスを貯めないようにしたり、疲れる前に休息をとるなど、スキンケア以外にも気を使るなど、注意しています。